4senses interior scope version.Rさんに久しぶりに大型の家具、それも天板が選べるテーブルが登場です。

SCOPE (スコープ) 4040 160×80×72 TEAK 8

SCOPE (スコープ) 4040 160×80×72 TEAK 8
価格:194,400円(税込、送料込)

サイズは6種類。
メインテーブルに使える160x80からサイドテーブルに使える80x40まで。

素材は2種類。
チークとオークです。
よく家具に使われる素材ですが、どんな違いがあるかというと…

<チーク>
東南アジアのモンスーン気候で育つ木です。
日本には生えてないため和名はありません。(そのままチークです)
材質は堅く、伸縮率が小さく、水に強いのでマカボニーと並んで高級家具として使われています。

<オーク>
亜熱帯から亜寒帯まで北半球に広く分布する木です。
日本にも生えていて”楢(なら)”と呼ばれます。
ただ、オークは総称なので常葉樹の”樫”もこのオークに含まれます。
家具で使われるのは楢の方が多いので一般的にはオーク=楢という感じです。
木目がはっきりし、特に柾目面にはそれが美しい模様として現れる。また、虎斑(とらふ)と呼ばれる虎の斑紋を連想させる模様が現れることも特徴です。

我が家のテーブルはこのオークで虎斑が入っています。

汚れ?と言われることもありますが(笑)木目にさらに美しい光沢を与えてくれています。
今回はホワイトオークなのでこの虎斑が含まれてる可能性があります。
汚れではなく艶があると珍重されている部分なのでぜひ探してみてください。

全体的にはオークとチークはあまり色の差はありません。
木目の色的にちょうど中間の色になります。
(暗めだとウォールナット、明るめだとメープルやバーチ)

今回は天板を選べるということで、それぞれの写真が上がっています。

同じチークでも全然違う色味になってますね。
通販だとやっぱり一番ネックなところを解消ということなんですね。
しかしやはり細かい感じは色々あるとは思いますが…

購入したあとは予定通りに届かないかも?みたいな感じもあるみたいですが、待たされるとその分気持ちが高まったりしますからこういうハプニングはいいのかもしれません。

Artekの60スツールの時もそうでしたが、キラリと光るScope ネームタグ。
好きな方にはたまらんですね。

テーブルは買った後そんなに手入れする必要はないですがやはり天板は汚れてきます。
きつく絞った雑巾でギュギュッと拭いて綺麗にしたらレモンオイルで手入れがおすすめです。
(好みがあるのであくまでオススメの範囲です)

塗りこむだけでしっとりとした木の風合いが復活します。

発売開始は15日22時です。

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Tags:

1 comment

Trackback e pingback

No trackback or pingback available for this article

Leave a Reply