Spisa ribbで和食の晩ごはん

Spisa ribbで菜の花とお豆腐のうま煮の和食ごはん

Date: April 24, 2017

In: portfolio-2017


今日は和食にしました。

  • 菜の花と豆腐のうま煮(Gustavsberg Spisa ribb ボウル)
  • トマトとおかひじきのおかか和え(豆絞 そば猪口)
  • おから(ARABIA Ruska 13cm ボウル)
  • れんこんとしめじのスープ

※Ruskaのボウルはサイズの大きなものを貼ってあります。

お豆腐と片栗粉をまぶしたお肉、菜の花(つぼみ菜)をさっと煮てうま煮にしました。
ちょっとの塩と醤油で薄味だけどお出汁の味がしっかり効いてて美味しい煮物。

この時期だけに楽しめるお花をさっと煮て頂きます。
豚ばら肉からしっかりお出汁が出てます。

美味しい煮物にはやっぱり白ごはん。
といっても雑穀が入ってるので白と言っていいか分かりませんが(;´Д`)
れんこんとしめじのスープは昨日のスープを使いました。

おかひじきとトマトと卵をおかかで和えました。
万能栄養食品のおかひじきは手がかからず調理も簡単なので、助かります。
ただ、茎が固い場合があるので触って固いものは取り除いた方が良いです。

煮物に煮物になってしまいましたが、おからを出しました。

和食なのでメトサンヴァキを出してきました。
うん。やっぱりこの柄は和風に見えますね。
我が家ではこの木は松という話になっています。
廃盤になってしまいましたが、個人的にとても好きな柄です。
諸々の事情故、うまく…とはいかないでしょうが、せめて拗れたものだけはすんなりと解けて欲しいと思っています。

おまけ

桜あんがセールになってのたで、ねじねじの桜ねじりパンを作りました。
焼き立てはやっぱり美味しいです。

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply