Bersaでパンサラダの朝ごはん

Bersaでパンサラダの朝ごはん

Date: February 17, 2017

In: portfolio-2017


今朝は、残ったバゲットを使ってパンサラダにしました。

  • パンサラダ(Gustavsberg Bersa スープボウル)
  • ブルーベリーヨーグルト(アイノ・アアルト 120mm)
  • カフェラテ(Gustavsberg Bersa C&S)

※BersaのボウルとC&Sのヴィンテージは売り切れですが参考のために貼ってあります。

グリーサラダに茹でたブロッコリーとカリフラワーと入れてバターを塗ってトーストした角切りバゲットと焼いたハムを混ぜてトマトを載せればできあがり。

忙しい朝には助かる簡単サラダ。
普段お肉中心なので、野菜をたくさん食べられるこのサラダは助かります。
シーザードレッシングをかけていただきます。

シーザードレシングのレシピはこちら。

友人に教えてもらったレシピですが、ほんだしが入るのが面白いです。
といってもほんだしがないので顆粒のコンソメを代わりに入れています。
朝なのでにんにくは除いて作ってます。
そこらへんを加減できるのが手作りのいいところですね。

今日はアイノ・アアルトにヨーグルトを入れました。
廃番になってしまった120mmサイズです。
カステヘルミのボウルよりも一回り小さなサイズで副菜をちょっと盛ったりするのにとても便利でした。

ずっとカフェオレだったので、今日はラテにしました。
本来ならここはエスプレッソで作らないとラテじゃないのでラテ風ですね。
…とここで以前の話題。

ポトルのかわりにバルミューダのケトルを…という話でしたが、どうせなら直火のエスプレッソマシンを買ったら?という話になりました。
以前に直火のカプチーノマシンを使っていたのですが、落として歪んでしまってからケメックスで濃く入れたコーヒーで作っていました。
コーヒーは、ケメックスで入れてエスプレッソマシンでカフェラテを作ればいいじゃない?という話になったのですが…元々の焦点はコンロと手間でした。
テーブルで勝手にお湯が湧いてくれれば、コンロの口が1つ空くのとそれだけ手間が減るという話です。
あれからレビューや掲載されてる記事を読んだり、実物を一緒に見に行ったりしましたがあまり感触が良くない(作りがあまり良くない感じとお水を入れてない状態だとグラグラするのが不安)のと電化製品を増やしたくないんだなというのがわかったので、とりあえずしばらくはこのままのようです。
要は買うとしてもあのケトルである必要はないということですね。
一件落着というところでしょうか(*´∀`*)

もこもこミルクとお砂糖。
カステヘルミは朝の雫というだけあって朝は特にキレイな気がします。

せっかく春一番が吹いたのに夜にはまた寒くなるとか。
三寒四温とは言いますが、あまり気温に差があるのも困りますね。

春の雰囲気からグリーンのBersaで揃えてみましたが、いつもミントに似てるなぁと思いつつ見ています。
そろそろミントは冬の葉を一度切って切り替えですね。

 

 

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply