九谷青窯 六角皿 でひとりランチ

九谷青窯 六角皿でひとりランチ

Date: June 29, 2017

In: portfolio-2017


私だけ一足はやく休暇に入りました。
といっても木曜日は用事があるので毎週ランチは家で。

今日は、お弁当要請があったのでリクエストの唐揚げと…スーパーで見つけた謎のしゅうまいを入れて作りました。

と、お弁当を詰めたあとが私のランチになったわけです。

  • 鶏の唐揚げ(九谷青窯 六角皿)
  • 焼きそばしゅうまい(〃)
  • 三つ葉のだし巻き卵(〃)
  • ハーブとトマトのポテトサラダ(カステヘルミ ボウル エメラルド)
  • おかかピーマン(倉敷意匠 Katakata くじら)
  • 梅ごはん
  • さくらんぽ(アイノ・アアルト 120mm クリア)

※アイノ・アアルトの120mmは廃番なので売り切れですが参考のために貼ってあります。

三つ葉を使ってだし巻き卵を焼きました。

これでもかって程三つ葉を入れるのが好きです。
一度さっと湯でてあるので歯ざわりが残る程度のアクセントに。
海外のハーブとはちがって日本の薬味は味が強くないのでたくさん入れても美味しいのが良いですね。

卵焼きはアンバイのもの。
大は3個でしっかりなだし巻きができます。
お手入れは鉄のフライパンと同じように洗ってから油を塗って収納しています。

おかげで綺麗な緑が巻かれただし巻きになりました。
唐揚げと謎のしゅうまいを一緒に。
実はこれ焼きそばとコラボした「マルちゃん焼そば 夏限定 バーベキュー味 シュウマイ」なのです。
焼きそばなのにしゅうまい。しゅうまいなのに焼きそばという面白いもので気になってたのですが、昨日スーパーで見かけてコッソリ買ってみました。
こういうものはやっぱり食べてびっくりのサプライズおかずで…(*´艸`*)
肝心の味は、しゅうまいと思って食べるとちょっと不思議な感じがしますが、BBQ味と思って食べると納得のものでした。
たまにはこういう変わったものもいいと思います。

こちらはポテトサラダ。
例のアンデスレッドで作ってみました。
ハーブとレモン、ヨーグルトでさっぱりの味付け。
他のおかずがこってりなものばかりだったので、これはさっぱりと。

さくらんぼはデザートです。
夕飯にも出すつもりですが、こっそり味見と称してがっつり食べちゃいます。

実は最近、お茶碗が大きく感じてしまい…とりあえずセリアで子供用のものを買ってきました。モノクロのサファリ柄。
小盛りでもいいのですが、この量をいつものお茶碗に盛ると半分くらいでやっぱり空いてる空間が目立つのです。
やっぱり器にはそれなりの適量というのがあるんだなぁと感じました。
また小さなサイズのいいお茶碗を探そうと思います。

ごはんのお供におかかピーマン。
ピーマンをめんつゆとおかかで味付けた簡単なものですが、ごはんとこれがあればとりあえず幸せになれるというおかずです。
今日は先日話題にしたピーマンの種入ってます。
種だけ別にして先にごま油で炒ってから入れたのですが、見かけはゴマ、食べたらゴマより気にならないという感じでした。
これは良いかもしれないです。

箸置きは、豆皿で。
錆感がたまらなく好きで買ってしまいました。

松に見えるという話でしたが、最近はなんだかローズマリーに見えてしょうがないメトサンヴァキです。

お弁当のおかげでちょっと豪華なランチになりました。

 

 

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply