九谷青窯 モッコ皿でまぐろとクレソンのごま焼き

九谷青窯でまぐろとクレソンのごま焼きの朝ごはん

Date: March 29, 2017

In: portfolio-2017


夜遅い日が多くなると朝ごはんがメインになります。

  • まぐろとクレソンのごま焼き(九谷青窯 モッコ皿 大)
  • 蓮根と人参のそぼろきんぴら(マーガレットのお鉢 ピンク)
  • ブロッコリーの胡麻和え(カステヘルミ ボウル アップルグリーン / レモン)
  • 塩昆布白菜(山田茂樹 皿)
  • あさりの味噌汁

※カステヘルミの2色はすでに廃盤のため売り切れですが参考のために貼ってあります。

鶯の声が聞こえるようになったのですっかり春だと思っていたのですが、まだまだ湯気がわかるくらいの朝の冷え込み。


炊きたてご飯からあがるほわほわ湯気。
まぐろがあったのでクレソンと一緒にごまで焼きました。

生姜醤油でこんがりと。
新鮮なクレソンがたくさん買えたので今週はクレソン祭りです♡

こちらはそぼろを使ったれんこんのきんぴら。
歯ごたえがあるようにちょっと厚めに切りました。
仕上げにネギを散らして。

ブロッコリーの胡麻和えを2色のカステヘルミに。
アップルグリーンとレモンです。
爽やかな緑と黄色で菜の花配色ですね。
カステヘルミはどんどん色が出てますが、このように色を組み合わせを楽しめるのがいいです。

箸休めは、白菜の塩昆布漬け。
塩昆布と塩麹で切った白菜をモミモミしたもの。
10分ちょっとで食べられる便利おかずです。
唐辛子をちょっとだけいれるとまた美味しくなります。

ほうじ茶からも湯気が。

湯気が映ってるとその場の感じはわかるのですが、お料理が見えなくなっちゃうのでなるべく映らないように撮っています。

どちらの写真がいいかは悩むところですね。

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply