九谷青窯で和食の昼ごはん

九谷青窯で和食の昼ごはん

Date: June 5, 2016

In: portfolio-2016


とうとう関東地方も梅雨入りしました。
じめじめとの戦いがはじまりますね。

  • ほっけ(九谷青窯 モッコ皿)
  • 水菜と鶏むね肉の和え物(そば猪口 豆絞り)
  • グリーンサラダ(カステヘルミ ボウル クリア)
  • だし巻き卵(九谷青窯 たまねぎ)
  • おからの炒り煮(リンカ 白練 6寸鉢)

日曜日はたいていヨガ→家でゆっくりが定番です。
ヨガのあとは体が余計なものを排出した後で、吸収しやすい状態なのでしっかり和食。

ほっけを焼きました。
半身をさらに半分こでちょうどいい感じ。
焼き魚には大根おろしが欠かせないお年頃になりました。
ないと暴れる勢いです(笑)

だし巻き卵。
未だ修行中なのですが、リズムよくクルッとができるようになりました。
あと少し(*´∀`*)
毎日作れば上達は早いとは思いますが、さすがにそうもいかず1週間に1回必ず作るようにして頑張っています。
日曜日のリセット和食はだし巻き卵を作る絶好の機会なわけです。

おからの炒り煮を作りました。
いつもお鍋にいっぱい作って食べきりの量4回ぐらいに分けて冷凍しています。
記憶が薄れた頃にテーブルに(*´艸`*)

中華街に行った時に調子にのって買ってしまった中華くらげを一生懸命消費しているのですが、どうにもサラダ・和え物以外の用途が思いつかず…いつも同じようになってしまいます。
コリコリとした食感は好きなのですが、サラダ、酢の物(我が家は苦手)、和え物以外のアレンジをもうちょっと考えないといけないなぁと思ってます。

和食器に囲まれた中にもキラリと光るカステヘルミ。
ストックのグリーンサラダをシンプルにフレンチドレッシングで。

こちらも負けじと存在感を放つヴィヒキルースのラテマグ。
ラテマグの中でもこの組み合わせが一番出番がある気がします。
水色のラテマグは他にないというのもあるのかもしれません。
プケッティで出てくれたらよかったのですが、次はベージュだそうですね。

京鹿の子があったので買ってきました。
煙るようなピンクが印象的なお花です。
この絶妙な桃色が好きで育てたいなぁと思っていますが、もうスペースがないので断念中です。

白もあってどちらも素敵なお花です。

夏を意識したテーブルになってきました。
じめじめの季節でもテーブルの上だけは爽やかな雰囲気にしていたいですね。

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply