春と秋のお楽しみ。
益子陶器市に行ってきました。
私は専ら春専門でGWの恒例行事になりつつあります。

事前にチェックした天気予報では雨の心配は夕方のみということで、UV対策だけしっかりして出発。

現地に朝6:30頃到着を目指して家を出ます。
なぜ6:30かというと、7時ごろからはじまるお店が多いからというのと、その頃なら駐車場にすんなり停められるからです。
いつも停めている駐車場はここ。

共販センターの駐車場で料金は500円。
ほぼ中心に位置しててどこの会場に行くにも便利です。
ただ、場所が場所なのですぐに満車になるので注意です。
ちょっと歩く距離に無料駐車場もありますが、買ったものを持ち歩くのは疲れる&恐いので車に置きにきたりする人におすすめです。

まず車をとめたら行くのは…まっすぐに山をのぼって遺跡広場。

益子陶器市ー遺跡広場
小高い丘の上にあるので全体が見渡せる気持ちのいい場所です。
ここには、お馴染みの高塚和則さんが出店しています。

7時前だけど始まってました。
お客さんもわかっていてすでにレジには行列。
人気のお花のコースターも好きなものを選べます。
色や木目の違いがあるので選べるのは助かります。
20%Offのアウトレットも出てました。
あとは、1人膳やオーバルもあってやっぱりかなりの人気。
いつも見かける商品は全て揃ってました。
長方形のウォールナットのトレイがあって気になってましたが、手持ちのものとほぼかぶるので今回は見送りました。
ずっとここに出店していた小沢賢一さんは去年から出店を止めてアトリエで自宅販売をしています。

ここを一通りみたらとりあえず朝ごはん。
広場の横に芝生があるのでそこでお弁当を広げて食べます(*´∀`*)

落ち着いたら山を下りてお買いもの開始。

まずはPeace spaceへ行きます。

ここには石岡さんが出店しています。
が、到着したらすでにいいなと思っていた形はほぼ売り切れで、あるものを眺めてテントを後に。
お会計の列が道路にずらーっとできててみなさん素敵なものを手にされていました。
(ちなみに会計には1時間ほどかかったそうです)
はがきだけもらってきました。

まだ8時前でこんな感じです。
早朝勝負とは言いますが本当に年々加熱しているような感じがします。

路地裏テント

益子陶器市ー路地裏テント

素敵な青の器もあって…すっかり長居。

あちこち覗いて夢HIROBAに到着。

ここには、あのよしざわ窯さんが出店しています。
一番奥におしゃれなテントがありました。
が、今年から方法が変わって予めWebで整理券を手に入れないと入れない方式に。
それでもたくさんの方がまだ販売のはじまっていないテントの中を一所懸命覗いていました。
人気のお皿がちらほら見えたので整理券は必須ですね。

そして、ほぼ最後になるKENMOKUテント村。

硝子屋 PRATO PINOさんが出店しています。
ひょうたんの箸置きや素敵なベースのB品が格安で手に入るので人気ですね。
とにかく薄さと色がすばらしく覗くだけでも幸せになります。
頼まれていたお土産と無事に買えて満足でした。

その他気になったのが…

Waka Stadioさんの食器。
シンプルで白・グレー・黒のモノトーン展開の器がサイズ違いでたくさんありました。
ここでかなーり悩んで右往左往してたら、いつの間にか近くでアイス食べてました。

最後にメインである共販テント村

ここでは気になっていた辻紀子さんの食器を。
土感が残ってるけどすっきりした形が素敵で、中と外で色の違うマグなどが気になってたのでしっかり堪能してきました。

辻 紀子

と、ぐるっと一周して戻ってきましたよ。
実際にはもっとたくさん色々なところをまわったのですが、とりあえず掻い摘んでこれくらい。
車に戻ってきたらちょうどお昼でした。
なんだかんだで半日たっぷり堪能した事になりますね。

帰る頃にはすっかり夏に。
周りの田んぼでは田植えが終わって美しい風景が広がっていました。

色々な器も手に入って美味しいもの食べて本当に楽しかったです。
また来年も参加したいと思っています。

大変申し訳無いのですが、あくまで個人的な好みに基づいたまとめなので各種まとめサイトへの引用・転載はお断りしております。

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Tags:

Leave a Reply