昨日に引き続きテーブルウェア・フェスティバルのレポです。

テーブルウェア・フェスティバル -1-
希望があったので写真を少し明るくしました。

ちょうど真ん中でヴィンテージコーナーに突入しました。

おぉーここまで綺麗に並ぶと壮観です。
見慣れた者から滅多にお目にかかれないものまで。

ロールストランドのリリーシリーズ。
これは初めてみました。

青がキレイなロールストランドのアマリア。
この時代のロールストランドの青は本当に美しいですね。

Gustavsbergからはスティナとマキシム。
見慣れてるものがあるとちょっと嬉しいです。

お、Floraのパープルですね。

クロニーデンのレリーフもありました。
小さいソースボートはいいなぁと思ってたのですがなかなか状態の良いものに出会えてないアイテム。

 

リサ・ラーソン

壁に大きなマイキー。

ふと下を見ると大きなサイズの2匹がこちらを見てました。
あー連れて帰りたいと思ってしまう可愛さ♡

プレートはお魚のシリーズになっているのですが…

なかなかのお値段になっています。

趣のある青で揃えてあります。

やっぱり卵をしまうのかな…?と思って眺めてました。

隣はノルディックダイニングというコラボテーブル。

アルメダールスのにしんからコスタノバの食器にゲンセのカトラリー…

お鍋はDANSKとオールスターですね。

そして度々登場していたDANSK。

こちらもDANSKだけじゃなく北欧ブランドが所狭しと並んでます。

マスタードはやっぱり素敵な色。

マリメッコやにイッタラ…と探すのが楽しいです。

スタッキングできるのはやっぱり便利ですねぇ。

棚の中もちゃんとお鍋がしまわれてました。

お、新しいサイズの18cmの片手の深型ありますね。
ずっと実物を見たかったので見ることができて良かったです。
でもちょっと予想より大きかったです。

デザインハウスストックホルム

急にインテリアのコーナーになりました。

このコーヒーテーブルは面白いですね。
天板が凹んでます。

結びクッション。

こういうグリーンの風景があるのが北欧っぽいなと思いました。

おしゃれなガラステーブル。

ここからはジョージ・ジェンセン

北欧の中でもジョージ・ジェンセンだけいつも雰囲気が違うと思ってしまいます。
扱ってるものがキリッとしてるものなので、優しい雰囲気が多いものとは違った感じなんでしょうか。

さり気なくロイヤルコペンハーゲンが入っています。

モノトーンでまとまってるのでまたさらにシャープな感じがします。

最後はオレフォス。

繊細なガラスが並ぶコーナーです。

お、氷のような表情のシリーズですね。

ウルティマツーレといいやっぱり身近にあるものをモチーフにする事が多いのですね。
そしてもれなく完成度が高い。
とても美しいシリーズだと思います。

ぐるっと回って特別企画の北欧コーナーはこれで終了です。
次回ははその他のメーカーの展示をお伝えする予定です。

続きはこちら
テーブルウェア・フェスティバルに行ってきました -3-

参加ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

Tags:

Leave a Reply